« 新政権に望む〈1〉 現場の実態踏まえた教育論議を | トップページ | 新政権に望む〈3〉 全国学テは「抽出」より「任意」に »

2009年9月10日 (木)

新政権に望む〈2〉 教育政策にも「国家戦略」を

 民主党は16日に発足する連立新政権で、「国家戦略局」を首相官邸に設けて政治主導を実現したい方針である。その具体的な姿はいまだ見えないが、縦割り省庁からの積み上げ・寄せ集め型の政策決定過程を大きく転換するものになろう。そこでは教育政策も、まさに国家の重要な「戦略」として位置付けることを強く期待したい。 

 国家百年の大計とも言われる教育行政には、継続性や安定性も必要だとされる。それはそれで、もちろん大事なことだ。しかし近年の状況を見ると、財政難も相まって、行き詰まりの度合いがますます増しているような気がしてならない。

 多様化・複雑化する子どもの実態に対して、教育現場はなかなか有効な手立てを打ち出せないどころか、教職員定数の抑制、予算削減、過剰な経営・勤務管理、学校・教員バッシングなどにより身動きが取れなくなっている、というのが現実の姿ではないか。小泉構造改革路線や安倍教育再生路線がそれに拍車を掛けたことは、言うまでもない。

 教育振興基本計画は、本来ならばそうした行き詰まりを打破する契機になるはずだった。しかし昨年初めて策定された実際の計画は、既定路線を総花的に羅列しただけにとどまった。教育基本法の改正と引き換えにしてまで教育予算の大幅増を狙った文部科学省の「戦略」が失敗したことも、以前の社説で指摘した。

 経済協力開発機構(OECD)が先日刊行した「図表でみる教育2009」は2007年までのデータに基づいたものだが、日本向け発表資料では、人的資本への投資が少ない日本が経済回復に寄与できるかどうかに疑問をにじませている。加盟諸国に比べても公財政教育支出が低迷し、私費負担、とりわけ家計負担に依存してきた現状は、まさに戦略なき国の教育政策が招いたものだろう。

 そのような中での政権交代は、大きなチャンスと言っていい。少なくとも民主党は総選挙前に発表した政策集INDEX2009の中で、公財政教育支出を先進国平均のGDP比5.0%にまで引き上げることを目標にするとしている。「図表でみる教育2009」によると日本は2006年段階で3.3%にまで縮小しているから、振興計画策定時のデータ(3.5%)よりもハードルは高くなっている。しかし、だからこそ戦略的な政策がいっそう求められると言えるだろう。

 これは、決して業界エゴで主張しているのではない。OECD教育局の宮本晃司アナリストはOECD東京センターのホームページにアップしたビデオメッセージの中で、高等教育の需要伸長には日本でも低めに低めに抑えられている公財政支出の充実が期待されること、コストパフォーマンスの高い日本の教育の背景にあるのは教員の質の高さであることを指摘している。国際的な経済危機を乗り越える観点からも、日本が高等教育を中心に教育予算を投入し、かつ初等中等教育が持っている「強み」を今後とも維持し、発展させることが求められているのだ。「予算に見合った学力向上がなされていない」と言って予算削減を主張する従来の財務省方針とは、対極にあるものであろう。まさに「成長戦略」としての教育投資が不可欠になっている。

 さらに言えば、これは必ずしも「文部科学省予算」の拡大だけを主張するものでもない。諸外国では当たり前になっているように、教育を経済対策や雇用対策、福祉対策、少子化対策としても位置付け、戦略化する。その上で各省庁に資源を配分し、効果的な政策を打つ――。それこそが、新設される国家戦略局に求められる機能であろう。 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 新政権に望む〈1〉 現場の実態踏まえた教育論議を | トップページ | 新政権に望む〈3〉 全国学テは「抽出」より「任意」に »

社説」カテゴリの記事

コメント

今日は、 日本の教育改革について 意見を纏め始めました。
 
  教育は経済の発展につながる為、無料で行うこと、 教員が非常勤ではInnovationに貢献できない、 海外の教育制度に比較し あまりにも ガラパボス化している 教育制度と 人材をどうするか、色々と文献を読み込みました。  URLご参考まで。  世界的に 北欧、インド、中国、豪州の皆様が幅を利かせており 日本も国家戦略が必要です。

http://knol.google.com/k/%EF%BC%92%EF%BC%91%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8F%90%E8%A8%80-overhauling-japanese-education-system-%E6%95%99%E8%82%B2%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%9D%E3%82%B4%E3%82%B9%E5%8C%96%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E8%84%B1%E5%8D%B4#

投稿: BetterWorldPilot | 2009年11月18日 (水) 00時37分

http://betterworldpilot.wordpress.com/article/overhauling-japanese-education-system-2cg2xof6ancr8-12/

Google Knolのサービス停止により WordPressに 引っ越しました。

投稿: BetterWorldPilot | 2012年6月 3日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/46172870

この記事へのトラックバック一覧です: 新政権に望む〈2〉 教育政策にも「国家戦略」を:

« 新政権に望む〈1〉 現場の実態踏まえた教育論議を | トップページ | 新政権に望む〈3〉 全国学テは「抽出」より「任意」に »