« コミュニティ・スクール提言 何のための議論だったか | トップページ | 「実効性」ない学校評価ならやめてしまえ »

2011年7月17日 (日)

「地域の中の学校・教職員」を次期振興計画の核に

 第2期教育振興基本計画の策定に向けた中央教育審議会の審議が始まっている。そこでは当然、第1期の反省や社会の要請だけでなく、東日本大震災の教訓を踏まえた教育の在り方が課題になってこよう。そこで、ぜひ初等中等教育の分野の中心に据えてほしいテーマがある。「地域の中の学校・教職員」ということである。

 繰り返し指摘してきたように、今回の震災は改めて「学校」という存在の重要性を再認識させた。学校が単なる施設ではなく、地域コミュニティーにとっての象徴的存在であり、しかもそこには基本的に優秀で真面目な教職員が配置されていることも欠かせない。

 今月初めに相次いでまとめられた文部科学省有識者会議の提言類も、そうした点を強調したものと言っていい。「全国で地域社会を支えるインフラとなっている、世界でも画期的なシステム」(学校運営改善協力者会議)、「学校は地域の絆であり、被災地の復興の鍵は学校の復興にある」(東日本大震災学校施設検討会)という言葉を、改めてかみしめる必要がある。 しかも「避難住民のために昼夜を問わず勤務を続けていた」(同検討会)のが他ならぬ学校の教職員であったことを、平時でも忘れないようにしたい。

 学校とはもともと、そういう存在だったのだ。発達途上にある生身の子どもを相手にする以上、単に知識を教える場、教育だけの場にはとどまっていられない。家庭の経済格差や児童虐待、就職難が深刻化する今、福祉・雇用分野との連携の必要性もますます高まっている。

 地域の中でのさまざまな安心・安全を担う存在である学校と教職員を、どう確保するか。それこそが「ポスト3・11」後の初等中等教育における喫緊の課題となるべきであろう。「全て先生方の献身的な善意に甘えている」(同検討会第2回会合での片田敏孝群馬大学大学院教授の発言)というのは、今回の震災対応だけの話ではないだろう。

 そのためには物的・人的の両面に集中的な予算投入を行うことはもちろん、その存在に見合った働き方ができるような環境整備も進める必要がある。もはや「子どもと向き合う時間の確保」などという言葉では生ぬるい。学校と教職員の自由度を抜本的に拡大し、さまざまな子どもと地域の課題にフリーハンドで動いてもらえるような学校運営と勤務形態の保障が不可欠である。

 それを「コミュニティ・スクール」と呼ぼうと「新しい公共型学校」と呼ぼうと「地域とともにある学校」と呼ぼうと一向に構わないのだが、地域コミュニティーの核を担う学校・教職員という視点を教育改革の核に据えることが、すなわち新学習指導要領への対応や多忙化解消、信頼される学校づくりなど直面する教育課題の解決にもつながることは言うまでもない。裏を返せば、第1期計画のような「総花」では何の改善にもつながらないばかりか、課題をますます深刻化させるだけである。

 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« コミュニティ・スクール提言 何のための議論だったか | トップページ | 「実効性」ない学校評価ならやめてしまえ »

社説」カテゴリの記事

コメント

社説「地域とともにある学校」の考え方に賛同します。
 私たちの団体でも、3.11大震災時に、自分の家族や自宅の被災等で相当のショックと疲労があるにもかかわらず、゛わが学校゛゛わが地域゛のために、昼夜をいとわず献身的な救援活動に努力された、被災地における学校・教職員の姿に接し、深い感謝と敬意の気持ちを表しております。
 これらの学校や教職員に対して「ご苦労さん」「ありがとう、がっばれ」の声援だけではなく、今後は改めてその支援策を講じていかなくてはならないと認識しました。地域社会の絆として、人的、物的な財政支援、学校を取り巻くネットワ-クと組織づくり等、地域の人々の心の支えとしての学校づくりを構想していく必要があります。、
 貴社説も指摘するように、第一義的には、まず学校・教職員が「子供と向き合う時間の確保 」が必要でが、3.11の教訓から、「地域とともにある学校」の構想こそ、今後の学校像であろうと考えます。
 思い起こすと、私の育った田舎の小学校は、まさに地域社会の文化的な拠点であり、人々の心の絆でありました。スポ-ツでも、文化的な催しでも,もろもろの集会すべて小学校の存在
と強く結びついていました。この半世紀前のわが国の学校と地域の関係を原点として、今後の新しい形の゛地域と学校゛を構想していく必要を強く感じております。

投稿: 木山高美 | 2011年7月18日 (月) 11時17分

木山先生、いつもありがとうございます。先生のお育ちになった時代、ないしは若手のころの学校は、教員にも時間的、精神的な余裕があった時代だったと拝察します。たとえ待遇は悪くても(?)子どものため授業研究と自主研修にいそしみ、やりがいと希望が感じられるような職場環境も、併せて取り戻したいものです。そのための展望と方策を中教審にはぜひ示してもらいたいと思うのですが、教育関係団体の実効性ある提言も欠かせません(最近、現役組も精力的ですよね)。期待しております。

投稿: 本社論説 | 2011年7月18日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/52231174

この記事へのトラックバック一覧です: 「地域の中の学校・教職員」を次期振興計画の核に:

« コミュニティ・スクール提言 何のための議論だったか | トップページ | 「実効性」ない学校評価ならやめてしまえ »