« 【社告】 | トップページ | 【池上鐘音】松本総監督のケイリンと競輪 »

2012年7月28日 (土)

【池上鐘音】「英国」の五輪

▼批評家・翻訳家の茂木健氏によると、18世紀中ごろから19世紀の終わりにかけてイングランド農村部では伝統歌(民謡)が盛んに収集、改作された。工業化で疲弊した国民の統合シンボルとして担ぎ出されたもので、第2次世界大戦でも戦時歌謡として利用されたという(『バラッドの世界』春秋社)▼そんな「英国の伝統的な田園風景」がロンドン五輪の開会式会場に再現された。映画『スラムドッグ$ミリオネア』でヒンズーの現実を鋭くえぐったダニー・ボイル監督でさえ「メリー(楽しき)・イングランド」から歴史を語り始めなければならないところに「英国」らしさが表れている、と言ったら皮肉に過ぎようか▼英国はイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4地域で構成される「連合王国」であるが、イングランドが他の地域を併合したというのが実態だ。52年ぶりに参加した男子サッカーの英国統一チームにしても4協会の足並みがそろわず、スコットランドと北アイルランドからは代表入りしなかったというのも当然とさえ思える▼英国を“England”と訳してしまいがちな日本人にとっては、理解しにくいところだろう。学校評価や全国学力テストなど日本が2000年前後から教育改革のモデルとしてきた「英国」の学校監査制度にしてもイングランドやウェールズの話であり、スコットランドや北アイルランドにそんなものはない▼政治的な主張は本社の意図するところではないが、バラッド(「バラード」ではありません)とシングルモルトをこよなく愛する小子は心情的にスコットランド独立派を支持している。もっとも茂木氏によれば「ボニー(美しき)・ブリンス・チャーリー」(チャールズ・エドワード・スチュアート、1720-88)は歌われているほど有能ではなかったそうなので、王党派には賛同できないが。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 【社告】 | トップページ | 【池上鐘音】松本総監督のケイリンと競輪 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/55297782

この記事へのトラックバック一覧です: 【池上鐘音】「英国」の五輪:

« 【社告】 | トップページ | 【池上鐘音】松本総監督のケイリンと競輪 »