« 安倍元首相 もう「教育再生」の幻想はごめんだ | トップページ | 【池上鐘音】父娘の特別法 »

2012年9月23日 (日)

「試験」偏重主義を捨て去る時だ

 1カ月前の旧聞で恐縮であるが、このたび本社配信記事が掲載されたということでお許し願いたい。名古屋大学であった日本教育学会第71回大会で、重要だと思える指摘が相次いだ。いずれも「試験」というものの機能に関する指摘である。

 一つは、大学入試だ。2日目午後に行われた公開シンポジウムの一つ「高校教育改革の現状と課題」で、登壇した福井県の高校教諭は「教科書や指導要領がどうなろうと、教師がどういう指導をしようとも、『出口』の時点が高校生の学びを引っ張ってしまう現実がある」と嘆いてみせた。高校の授業改善をしたくても、生徒の関心は結局ペーパーテスト偏重の大学入試で高得点を取ることにしか向かず、そのため高校での学びも深まらないというわけだ。

 ベネッセ教育研究開発センターの調査を見ても、今どきの高校生は進学校でさえ約6割が「勉強しようという気持ちがわかない」という。進路多様校の7割と、それほどかけ離れているわけではない。「いい大学に入りたいから」勉強する生徒は進学校で8割に上るが、「大学受験は、できるだけ楽に済ませたほうがよい」(全体の5割)という本音も見え隠れする。取材していても進学校の進路指導担当者から「生徒が上を目指さなくて困る」という嘆きが聞かれる。もはや大学入試自体が、学習の動機付けとなる時代ではない。

 同じ公開シンポジウムで佐々木隆生・北星学園大学教授は、入試の本質を「落第入試」だと喝破した。あくまで定員を上回る受験者を落とすものであって、競争倍率が低かったり、あるいは定員を下回ったとしたら、必然的に合格者のレベルは落ちる。入試を厳しくすれば質が上がると考えるのは、幻想にすぎない。だからこそ佐々木教授は高大接続のうち「選抜接続」ではなく「教育接続」の必要性を訴えているのだ。

 同様の指摘が、教員採用をめぐってもあった。3日目午前の一般研究発表で行われた、布村育子・埼玉学園大学准教授らの研究グループの発表である。教員採用は「選考」といいながら、その実は一般公務員と同じ競争試験になっている。第二次ベビーブーム採用教員の大量退職時代を迎えて、競争率の下がる採用試験では受験者の質低下が避けられないばかりか、その受験者は試験に通る勉強にしか関心がないという。これでは、いくら養成改革をしたところで資質向上の効果は薄まる。養成課程教育を実質的に左右する採用システムの改革という視点も失ってはならない、というのが同グループの問題提起だ。

 我々は戦後長らく、公正で公平な試験が正しいと信じてきた。それによって優秀な人材が見いだせると確信してきた。しかし、それも人口増加時代の話である。人口減少時代には、さまざまな価値の転換が迫られる。教育分野は、その一歩先を進んでいるのだと受け止めるべきだろう。

 試験の前後の教育接続を考え、それを助けるような試験でなければならない。2つの発表は、そうしたことを示唆していよう。

 考えてみれば、当たり前のことである。試験は試験のためにあるのではない。その段階での受験者の能力を評価し、次につなげることが主眼のはずだ。選抜試験で必要とされる能力がないと判定されるのなら、落とされることも致し方ない。しかし、だとしたら定員割れを覚悟してでも落とすべきだろう。ましてや、差がつかない受験者を難問・奇問で落とすなど論外だ。

 試験で測れる能力の限界も、忘れてはいけない。全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)も、事前にあれだけ「測れるのは学力の一部」と口酸っぱく強調されてきたというのに、結果が発表されれば点数や順位に関係者の目が血走る。テストというものの魔力であろう。ましてや試験となればそれ自体が目的となってしまい、誰も疑うことはない。テストで測れない能力は、たとえ公正・公平な手法でなくても大胆に取り入れて判定すべきだ。

 教育を論じるとき、我々はつい「常識」という固定観念で考えてしまう。しかし世間に流布する常識が、常に正しいとは限らない。本社説もそう考えてしばしば暴論のような主張を掲げているのだが、教育学にもそんな常識を打ち破り、研究のための研究ではない、教育界に貢献する研究成果を提示するよう期待したい。 

【参考=本社配信記事】

・「大学入試が阻む高校の授業改善―日本教育学会第71回大会(上)」内外教育2012年9月14日付

・「採用試験が養成を『骨抜き』に―日本教育学会第71回大会(中)」同2012年9月18日付

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 安倍元首相 もう「教育再生」の幻想はごめんだ | トップページ | 【池上鐘音】父娘の特別法 »

社説」カテゴリの記事

コメント

突然のご案内で大変失礼致します。
私、教育と探求社の平野と申します。

この度、来る10/14(日)に弊社が都内にて開催するフォーラムに、
参加者としてご招待させて頂きたく、ご連絡させて頂きました。

弊社は主に小・中・高等学校向け教育コンテンツ開発を行なっている会社なのですが、
新しい取り組みとして、日本の教育改革を目指すプロジェクト
「未来をつくる1,000人の先生プロジェクト~ミラセン」を開始いたしました。

これは、日本の教育の向上ためには、何よりもまず、
現場の先生一人ひとりが生き生きと教壇に立ち、生徒と向き合うことからはじまると考え、
全国至る所で孤軍奮闘を続けている
志を持ち、変革に挑戦する気概を持つ先生方を一堂に集め、
お互いに刺激を受け合い、学び合える
創発的なプラットフォームをつくろうというものです。

このブログを拝見し、先生方の応援者として是非、ご参加頂きたいと考え、
突然で失礼ながら、ご案内させて頂きました。
もし、ご興味をお持ち頂けましたら、
こちらのページにて開催概要をご覧頂ければと存じます。
https://www.facebook.com/mirasen.jp/app_211427168875708

尚、ご招待ですので参加費はもちろん必要ございません。
お時間がありましたら是非、参加をご検討賜れますと幸いです。

長文失礼致しました。
ご質問等ございましたら、メールアドレスまでお知らせください。
何卒、よろしくお願いいたします。

投稿: 教育と探求社・平野 | 2012年9月27日 (木) 17時37分

教育と探求社 平野様

昨日は「ミラセン2012」に参加させていただきまして
誠に有難うございました。
事前にご連絡できず大変失礼致しました。
教育について語りたい・聞きたい・関わりたいという
一般・教員の方々が、有料にもかかわらず多数参集されたことに
感銘を受けました。
今後益々のご発展を祈念しております。

投稿: 本社編集 | 2012年10月15日 (月) 08時41分

 昔から思っていた素人考えなので、もしかしたら現実は違ったらすみませんです。

 出口の時点、すなわち共通一次試験やセンター試験がどうしてあるのかと思っています。国立大学も含めて独立の入試制度を各々に任せたらよいのにと、現役時代から思いはじめ、未だにこの疑問は残っています。
 各大学が基準を設け、その上で各高校の権限を強めれば、高校での学びが出口に委ねられるという性質は変わらずとも、生徒の関心という面では多様性が生まれるのではないかと、当時は思っていました。今は微妙に、というよりも、国民自身が学力偏重という傾向が強い気がしてきたため、微妙に考えが変わっていますが・・・・・・考えを発展させてから書き込もうかと思っていたのですが、上手に考えをまとめることができなかったので、このまま書き込みました。

>「大学受験は、できるだけ楽に済ませたほうがよい」という意見が5割程だったというところでは思わずうなづいてしまいました。私自身が正しくその考えで、推薦入試という受験制度を利用して大学入試を終えただけに、その気持ちがものすごくわかります。
 だからこそ思うのですが、各教科への関心という面、学問への関心という面で見れば・・・・・・このままではよくない気がしてなりません。センター試験があるからこそ、ペーパー試験重視の指導を多くの高校が取っている。そしてそれがこのような事態を引き起こしているのではないかと、素人考えですが思いました。

投稿: | 2012年10月24日 (水) 15時23分

かつては団塊の世代を中心とした18歳人口の急増に入学定員の量的拡大が間に合わず受験競争が激化するとともに、国立一・二期校でも難問・奇問が出題され更に高校での学習をゆがめることが問題になり、その解消策として共通一次の構想が浮上したと承知しています。しか現在はし18歳人口が減少に転じて久しく実質的な「全入時代」が『到来しているにもかかわらず「受験競争の緩和」路線が継続されてることが、現状との齟齬を来しているのではないかとみています。かと言ってペーパーテストで学力担保をしようとすることが現実的でないことは、既に論じた通りです。高校・大学のそれぞれが教育の改善により生徒・学生を「本気の学び」に向かわせること、そして両者の教育接続によって社会に有意な人材を輩出させることが重要であって、そのための入学者選抜(≠入試)を構想することが急務だと考える次第です。
本社としては「大学改革実行プラン」で示された方針を全面的に支持しますが、高大接続特別部会の人選をみると本当に抜本的な改革が提言できるのか不安がありますし、高校教育部会の論議にはイライラさせられるばかりです。今後ともウォッチし、論じていく所存です。

投稿: 本社論説 | 2012年10月25日 (木) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/55727419

この記事へのトラックバック一覧です: 「試験」偏重主義を捨て去る時だ:

« 安倍元首相 もう「教育再生」の幻想はごめんだ | トップページ | 【池上鐘音】父娘の特別法 »