« 惜しまれるメンタルヘルス報告 | トップページ | 【社告】 »

2012年11月 3日 (土)

設置認可見送り 手順飛ばした暴挙だ

 本社は先にコラムで、就任直後の田中真紀子文部科学相に対して「乱暴とも思えるような大胆な判断」をするよう期待を表明した。しかしこれは乱暴というより、暴挙と言わざるを得ない。大学設置・学校法人審議会が答申した3大学の設置認可を見送ったことである。

 その理由を田中文科相は、「設置認可のありようを抜本的に見直す」ためだとしている。見直し自体は悪いことではない。しかし現行の審査基準で進行していた設置認可をひっくり返すのは、筋違いだ。

 今回の判断には、政治家としての鋭いカンが働いたのであろう。群馬県で創造学園大学などを運営する学校法人堀越学園が、解散命令を出さざるを得ないほどの混乱に陥った。経営破たんに至らなくても、類似の例はあちこちに散見される。何とかしなければと思っても、無理からぬことではない。むしろ評価したいところだ――手順さえ間違えなければ。 

 判断の誤りは、3大学へのとばっちりだけではない。これまでの文教行政の慣例を飛ばして、設置認可の在り方そのものに修正を迫ったことにも大きな問題がある。

 設置認可の規制緩和は確かに1990年代からの流れであるが、決定的だったのは2002年の中央教育審議会答申「大学の質の保証に係る新たなシステムの構築について」(質保証答申)である。これにより国としての高等教育計画による設置抑制方針は撤廃され、大学の質保証も「事前規制から事後チェックへ」の原則が確定した。

 もちろん、これが小泉構造改革の下での規制緩和・自由競争路線に基づいたものであることは注意を要しよう。群馬・堀越学園のような事例は、その弊害と言ってもいいかもしれない。くしくも当時の小泉純一郎首相から外相を罷免され、民主党に転じた田中文科相である。見直しを打ち出すのは理解できるし、むしろ必要なことであろう。規制緩和の行き過ぎは是正されなければならない。

 しかし、事は10年間続いた設置認可行政に関わることである。文字通り1日でひっくり返して許されるものではない。何より問題は、関係者の努力を無視したことだ。

 たとえ現在の方針が小泉構造改革に影響されたものだとしても、大学関係者の自主性・自律性に基づくという原則は維持されてきた。設置審に大学人が多く加わっているのも、認証評価制度が導入されたのも、ピアレビュー(専門家仲間による検討)を尊重したものだ。

 田中文科相がひっくり返そうとしているのは、高等教育におけるピアレビューの原則だけではない。関係者の英知を集めて方針を決めるという、審議会行政の在り方にもダメ出しをしたに等しい。確かに文部科学省のみならず、審議会行政には課題も多々あろう。しかし、だからといって文教行政にストレートな政治主導を持ち込んでいいとは思えない。

 これまで民主連立内閣の政務三役は、鈴木寛・元副大臣をはじめ行政の継続性を尊重してきた。弊害の多い教員免許更新制が即刻廃止できないなど不満はあるが、政権交代時代には好ましい姿勢でもあったろう。そうした継続性を田中文科相は、政治家個人の判断として曲げようとしている。暴挙と言わずして何と言おう。

 今からでも遅くない。まずは3大学の設置認可を改めて認めるべきだ。その上で中教審に高等教育計画と設置認可の在り方を諮問するなら、真っ当な手順として支持したい。たとえ自らの手で改革ができなくても、それが政権交代時代の文教行政というものである。拙速を貫こうとするなら、安倍教育再生路線より無体と言わざるを得ない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 惜しまれるメンタルヘルス報告 | トップページ | 【社告】 »

社説」カテゴリの記事

コメント

 田中真紀子氏の乱暴とも思えるような大胆な判断を下すの方向性が悪い方に向かってしまった気がします。年内解散が求められるなど、人気が短い可能性があるために判断を急いでしまったとか、自らの手で手柄をたてたいという欲求があったなど、嫌な可能性も思い当たるため心配です。
 改革自体は私も悪いとは思いませんが、その方法のベクトルを変え「考えて発言をする」ことを覚えれば……今からでも良い評価を得られるのではないかと思います。

投稿: | 2012年11月 8日 (木) 14時32分

ここまで騒ぎを起こしてしまっては、もう遅いでしょうね。潔く身を引くか、解散まで口を閉ざすかのどちらかをお勧めしたいと思います。安倍氏が首相の時もひどいものでしたが、それ以下に成り下がってしまいました。更なる抗弁は論ずるに値しませんし、田中氏が設置基準の見直しにこれ以上口を出すのには反対します。

投稿: 本社論説 | 2012年11月 8日 (木) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/56031553

この記事へのトラックバック一覧です: 設置認可見送り 手順飛ばした暴挙だ:

« 惜しまれるメンタルヘルス報告 | トップページ | 【社告】 »