« 実行会議4次提言 半年遅らせただけの「大改革」論議 | トップページ | 【訂正】 »

2013年11月 9日 (土)

大学入試改革 「人物本位」は誤解を招く

 教育再生実行会議の第4次提言を受けて、中央教育審議会の高等学校教育、高大接続特別の両部会で具体的審議が始まった。既に指摘した通り第4次提言の大筋はこれまで中教審で議論してきたことと同じだから、両部会の委員からも細部はともかく基本的な考え方には当然、異論が出されなかった。

 だからこそ、世間一般の受け止め方が気にかかる。報道ぶりの影響もあるのだが、今回の入試改革を「人物本位」への転換だととらえる向きがあることだ。

 そもそも第4次提言には、人物本位の入試などという文言はない。本文に沿えば、入学者選抜を「能力・意欲・適性を多面的・総合的に評価・判定するものに転換」するよう求めている。

 これを「人物本位」と称すのは、4文字で済むから便利だろう。しかし、決して人格や性格を評価しろと言っているわけではない。そこのポイントをつかめるかどうかが、今回の改革論議を正しく把握するための分かれ目となろう。

 両部会で事務局が盛んに強調していたように、第4次提言は決して大学入試改革に特化したものではない。昨年以来の論議をみても、まず社会の要請に応える人材育成を行う大学教育の在り方が問われ、そのためにも送り出し側である高校教育の在り方が問われ、そこから両者をつなぐ入試の在り方も問われる、という論理構成だ。入試の転換は、あくまで大学と高校の教育を変えるツールとして期待されている。

 そうした入試で受験生に評価されるべきは「大学教育を受けるために必要な教養や知識、学ぶ意欲等」(第4次提言)であり、高校と大学が担うべきは「これからの時代に求められる主体性、創造性を備えた多様な人材」(同)の育成だ。端的に言えば、「変わる大学」で「伸びる学生」をどう選ぶか、そして高校では「大学進学後に伸びる生徒」をどう育てるか、ということだろう。

 8日にあった高大接続特別部会で、委員の濱名篤・関西国際大学長は第4次提言が将来的な検討課題としてCBT(コンピューターを利用した試験)方式とともに挙げていた「言語運用能力、数理論理力・分析力、問題解決能力等を測る問題の開発」をこそ急ぐよう求めた。それこそが今、大学で育成しようとている「コンピテンシー(対応能力)型でソフトな力を伸ばすための適性を測る」(濱名学長)ものであるからだ。

 裏を返せば「達成度テスト(発展レベル)」(仮称)で測れる一定の学力に加えて、そうした言語運用能力、数理論理力・分析力、問題解決能力等を測ることこそが「多面的・総合的」入試の内実であるということだろう。

 そうした測定手法が開発されていない以上、当面は各大学がアドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)に基づいて選抜方法を模索していくしかない。それを促すためにも1点刻みのテストをやめよう、というのだ。

 現下の入試改革論議はあくまで大学と高校の教育を変えるためのものであり、提案されている入試改革はそうした教育に対応できる者を育て、選抜するためのものである。そこを押さえずに抽象的な「人物」評価だと決めつけるのは、いわゆる「ゆとり教育」呼ばわりと同じようにピント外れの批判に陥る恐れがある。マスコミも読者も注意されたい。

【過去の社説】
高大接続テスト 先送りでも済まない「全入時代」の入学者選抜 (2010.11.25)
大学入試の抜本改革はセンター試験の廃止から(2011.1.16)
「終焉」した大学入試に対応が急務だ(2012.2.11)
大学改革実行プラン 「衝撃」は軽視できない(2012.6.8)
高大接続諮問 受験競争が無になる大改革だ(2012.9.2)
実行会議4次提言 半年遅らせただけの「大改革」論議(2013.11.2)

【関連本社配信記事】
「高大接続テスト」はどうなったの?(ベネッセ教育情報サイト 2010.12.2)
「高大接続テスト」は「入試」ではない!?同 2010.12.16)
1点刻みの「入試」は不要に? 全入時代の大学入学(同 2010.12.22)
「21世紀型」大学入試が世界の潮流に!?(ベネッセ教育情報サイト 2012.1.16)
「学生に勉強させる」大学に 中教審が提言(同 2012.5.10)
いずれはセンター試験の存廃も課題に!?(同 2012.5.24)
入試に依存した高校教育は衰退する―「高大接続テスト」提唱者・佐々木隆生氏に聞く―(月刊高校教育2012年6月号)
大学入試を大改革へ……「一発勝負」「1点刻み」なくなる!?(ベネッセ教育情報サイト 2012.7.5)
教えて!「中教審に高大接続の新部会」
(キャリアガイダンス.net 2012.8.29)
大学入試、わずか1年で「大改革」を提案?(ベネッセ教育情報サイト 2012.9.13)

センター試験はどうなる? 大学入試の「大改革」検討(同 2012.11.1)
2013年の大学入試「大改革」はどうなる‐渡辺敦司‐(同 2013.1.7)
高校版「全国学力テスト」を大学入試にも活用?-渡辺敦司-(同 2013.2.7)
教えて!「センター試験が廃止される?」(キャリアガイダンス.net 2013.6.18)
センター試験「廃止」は本当か‐渡辺敦司‐(ベネッセ教育情報サイト 2013.6.27)
入試以外でも変革を……必要な大学と高校の「教育」改革‐渡辺敦司‐
(同 2013.10.6) 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 実行会議4次提言 半年遅らせただけの「大改革」論議 | トップページ | 【訂正】 »

社説」カテゴリの記事

コメント

今朝のA新聞を読んでまったく同じ事を考えていました。fbでシェアさせていただきます。

投稿: go | 2013年11月14日 (木) 00時14分

goさん、大変恐縮です。直接関係ないのですが昨夜、藤田英典氏の話を聴きながら予習(?)しておりました。土曜の成果を踏まえて日曜か月曜早朝には社告を打つ予定ですので、乞うご期待。

投稿: 本社総務 | 2013年11月14日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/58541043

この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試改革 「人物本位」は誤解を招く:

« 実行会議4次提言 半年遅らせただけの「大改革」論議 | トップページ | 【訂正】 »