« 【内側追抜】お友達 | トップページ | 大学入試改革 「人物本位」は誤解を招く »

2013年11月 2日 (土)

実行会議4次提言 半年遅らせただけの「大改革」論議

 政府の教育再生実行会議が、やっと高大接続・大学入試に関する第4次提言をまとめた。大学入試センター試験の抜本的な改編を含め、唐突で拙速な改革案だと世間では受け止める向きが強い。

 実際には、1年以上も前の民主党政権時から検討されてきたものである。しかも今年1月の段階から、基本的に一歩も出ていない。

 第4次提言は、基礎レベル・発展レベルという二つの「達成度テスト」(いずれも仮称)を導入し、大学入学者選抜を1点刻みの合否判定から多面的・総合的な評価による選抜へと転換することで、高校教育の質の向上と大学教育の質的転換を共に図ろうというものである。

 しかし「達成度テスト(発展レベル)」のアイデアは、文部科学省内での検討を基に公表された昨年6月の「大学改革実行プラン」の中で既に提示されていた。「達成度テスト(基礎レベル)」も、中央教育審議会初等中等教育分科会高等学校部会が今年1月にまとめた「高等学校学習到達度テスト(仮称)」の看板を掛け替えたにすぎない。

 入試改革をはじめとした高大接続問題は、昨年8月の諮問を受けて翌9月に発足した中教審の高大接続特別部会で審議されていた。「高等学校学習到達度テスト」にしても、いつかどこかでセンター試験を改編した新テストとの一本化が図られるものだと本社は注目していた。その判断を実行会議に委ねたところまでは、理解できなくもない。

 実行会議の政府側メンバーでもある下村博文文部科学相は6月の第9回会合で「少し時間をかけてこのテーマに取り組んでまいりたい」と発言していた。実際、現地視察まで交えて先の14回会合で安倍晋三首相に手渡すまでに約5カ月を掛けてきたのだから、これまで2~3回の議論で次々と提言をまとめてきた手法から言えば十分に「時間をかけ」たということなのだろう。

 そんな当事者の主観はさておき、実際に出てきたものが中教審の段階からほとんど進んでいないとはどういうことか。「幅広い観点」(第9回会合での安倍首相あいさつ)から審議したと言う割には、時間の無駄だったと断じる他ない。

 結局、政府と自民党に花を持たせたにすぎないのだろう。もちろん政府・与党主導というポーズを取ったのは、それだけ改革を進めようという政権の強固な意思を示そうとしたと言えなくもない。

 一方でこの間、中教審で深められたはずの議論を中断させてしまったことも確かだ。高大接続部会は周辺の課題をうろうろするだけで、なかなか核心に迫らなかった。高校部会に至っては5月に小川正人部会長が「到達度テスは8月以降に」と宣言して、早々に実行会議任せにしてしまった。

 基礎レベルにせよ発展レベルにせよ、実際の制度設計には高校や大学の実態を踏まえることが欠かせない。それぞれの教育を抜本的に変える契機にしようとするなら、なおさらそうだ。十分に時間をかけて検討してこそ、実効性も発揮されよう。逆に拙速な設計では、期待した効果と反対の結果さえ生みかねない。

 これまで本社は、センター試験の廃止も含めた大学入試の抜本改革を大胆に進めるよう主張してきた。大学・高校の教育と入試入試の「大改革」が不可避であるとの読みに基づいてのことである。安西祐一郎・接続部会長の口癖を借りれば改革が「待ったなし」だとするなら、この約半年の遅れを取り戻すために一刻も早く、そして関係者の英知を集めて慎重に、制度設計の議論に入らなければならない。将来に禍根を残しては、何にもならない。 

【過去の社説】
高大接続テスト 先送りでも済まない「全入時代」の入学者選抜 (2010.11.25)
大学入試の抜本改革はセンター試験の廃止から(2011.1.16)
「終焉」した大学入試に対応が急務だ(2012.2.11)
大学改革実行プラン 「衝撃」は軽視できない(2012.6.8)
高大接続諮問 受験競争が無になる大改革だ(2012.9.2)

【関連本社配信記事】
「高大接続テスト」はどうなったの?(ベネッセ教育情報サイト 2010.12.2)
「高大接続テスト」は「入試」ではない!?同 2010.12.16)
1点刻みの「入試」は不要に? 全入時代の大学入学(同 2010.12.22)
「21世紀型」大学入試が世界の潮流に!?(ベネッセ教育情報サイト 2012.1.16)
「学生に勉強させる」大学に 中教審が提言(同 2012.5.10)
いずれはセンター試験の存廃も課題に!?(同 2012.5.24)
入試に依存した高校教育は衰退する―「高大接続テスト」提唱者・佐々木隆生氏に聞く―(月刊高校教育2012年6月号)
大学入試を大改革へ……「一発勝負」「1点刻み」なくなる!?(ベネッセ教育情報サイト 2012.7.5)
教えて!「中教審に高大接続の新部会」
(キャリアガイダンス.net 2012.8.29)
大学入試、わずか1年で「大改革」を提案?(ベネッセ教育情報サイト 2012.9.13)

センター試験はどうなる? 大学入試の「大改革」検討(同 2012.11.1)
2013年の大学入試「大改革」はどうなる‐渡辺敦司‐(同 2013.1.7)
高校版「全国学力テスト」を大学入試にも活用?-渡辺敦司-(同 2013.2.7)
教えて!「センター試験が廃止される?」(キャリアガイダンス.net 2013.6.18)
センター試験「廃止」は本当か‐渡辺敦司‐(ベネッセ教育情報サイト 2013.6.27)
入試以外でも変革を……必要な大学と高校の「教育」改革‐渡辺敦司‐
(同 2013.10.6) 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 【内側追抜】お友達 | トップページ | 大学入試改革 「人物本位」は誤解を招く »

社説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/58497920

この記事へのトラックバック一覧です: 実行会議4次提言 半年遅らせただけの「大改革」論議:

« 【内側追抜】お友達 | トップページ | 大学入試改革 「人物本位」は誤解を招く »