« 〔戦後100年へ②〕指導要領の「構造改革」に英知結集を | トップページ | 川崎中1殺害 まず検証すべきは安倍政権だ »

2015年1月 4日 (日)

〔戦後100年へ③〕高大接続改革 「入試」から決別する時だ

 教育関係者や子育て世帯を除き、教育問題に対する世間一般の関心は少子化に伴ってすっかり遠のいてしまった感がある。そんな中でも唯一の例外が、大学入試だろう。しかし大学入試について語る時、多くの人は自分自身の経験から判断してしまいがちになる。

 今回、中央教育審議会から提起されている「高大接続改革」では、そうした過去の経験談が全く通用しない次元に入ることを理解すべきだ。

 答申に対し、依然として「拙速を避けよ」といった批判がある。しかし 「高大接続テスト」の創設が中教審ワーキンググループ(WG)で提唱されてから7年近くたつし、それを受けた北海道大学の委託調査研究報告書がまとまってからも4年が過ぎた。もう、是非の議論をしている場合ではない。

 何より認識すべきは、テスト結果には誤差が含まれているという「事実」だ。ヤマが当たるかどうかはもとより当日の体調、はてはケアレスミスで合否が分かれるのは、ゲームとしてはいいが能力測定には何の意味も持たない。1点刻みの「入試」が公平だと思い込んできたわれわれの固定観念こそが問い直されなければならない。

 もちろん、新テストの制度設計には慎重な検討が必要だ。ただしそれは、技術的な裏打ちがあってのことである。まずは近く立ち上がる専門家検討会の推移を見守った上で、実現可能な姿が見えてくるのを待ちたい。抽象的、印象論的な議論は昨年までで終わりにしたい。

 個別大学の「多元的評価」についても、早急な研究が求められる。中教審答申には「人物」評価をすべきだなどと一言も書いていない。多様な能力をどう測定し、各大学・学部にふさわしい学生を選抜するか、その在り方を探らなければならない。

 ただ突き放して言えば、それは本来、個別大学で考えるべきことである。自分の大学・学部ではこれこれの方式で入学者選抜を行う、という客観的な方式をあらかじめ明示しておき、それに基づいて実施すれば十分「公正」だ。もしその方式で大学側が望む学生を集められなかったとしても、自己責任である。学生を受け入れた以上、社会にとって優位な人材として送り出す教育責任は免れない。

 今後、日本の生産年齢人口が減り続けることは避けられない。一人一人の能力を高めることが、今まで以上に求められる。社会人の再教育も含め、高等教育の必要性は高まることはあっても低減することはない。

 それは単に経済界の要請に応える、というだけにとどまらない。原発の存廃問題一つ取っても、科学的思考と政治的選択が今後ますます一人一人に突き付けられることは明らかだ。多様化・複雑化する社会にあって自ら考え、判断し、行動できる市民を育てるためにも、教養教育は不可欠になる。

 一人一人の可能性を最大限に引き出し、できる限り能力を高めた上で、市民として連帯し、協調していく。困難な時代を前に、そんな社会を目指したい。そのために教育はどう貢献すべきかという観点を忘れずに、「高大接続」の問題を考えるべきだ。既に終焉しつつある「入試接続」にこだわっている場合では、もはやない。

 

【過去の社説】
高大接続テスト 先送りでも済まない「全入時代」の入学者選抜 (2010.11.25)
大学入試の抜本改革はセンター試験の廃止から(2011.1.16)
「終焉」した大学入試に対応が急務だ(2012.2.11)
大学改革実行プラン 「衝撃」は軽視できない(2012.6.8)
高大接続諮問 受験競争が無になる大改革だ(2012.9.2)
実行会議4次提言 半年遅らせただけの「大改革」論議(2013.11.2)
大学入試改革 「人物本位」は誤解を招く(2013.11.9)
大学入試改革 各方面で「覚悟」を(2013.11.21)
「発展レベル」テスト まずは必要性と緊急性の共通認識を(2014.6.21)

【関連本社配信記事】
「高大接続テスト」はどうなったの?(ベネッセ教育情報サイト 2010.12.2)
「高大接続テスト」は「入試」ではない!?同 2010.12.16)
1点刻みの「入試」は不要に? 全入時代の大学入学(同 2010.12.22)
「21世紀型」大学入試が世界の潮流に!?(ベネッセ教育情報サイト 2012.1.16)
「学生に勉強させる」大学に 中教審が提言(同 2012.5.10)
いずれはセンター試験の存廃も課題に!?(同 2012.5.24)
入試に依存した高校教育は衰退する―「高大接続テスト」提唱者・佐々木隆生氏に聞く―(月刊高校教育2012年6月号)
大学入試を大改革へ……「一発勝負」「1点刻み」なくなる!?(ベネッセ教育情報サイト 2012.7.5)
教えて!「中教審に高大接続の新部会」
(キャリアガイダンス.net 2012.8.29)
大学入試、わずか1年で「大改革」を提案?(ベネッセ教育情報サイト 2012.9.13)

センター試験はどうなる? 大学入試の「大改革」検討(同 2012.11.1)
2013年の大学入試「大改革」はどうなる‐渡辺敦司‐(同 2013.1.7)
高校版「全国学力テスト」を大学入試にも活用?-渡辺敦司-(同 2013.2.7)
教えて!「センター試験が廃止される?」(キャリアガイダンス.net 2013.6.18)
センター試験「廃止」は本当か‐渡辺敦司‐(ベネッセ教育情報サイト 2013.6.27)
入試以外でも変革を……必要な大学と高校の「教育」改革‐渡辺敦司‐
(同 2013.10.6)
教えて!「大学入試は今後どうなる?(第4次提言を受けて)」?」
(キャリアガイダンス.net 2013.11.19)
大学入試の「1点刻み」見直し、なぜ必要? ‐渡辺敦司‐
(ベネッセ教育情報サイト 2013.12.11)
東大の推薦入試は「教育再生実行会議」の先取り? ‐渡辺敦司‐(同 2014.2.26)
教えて!「達成度テストって何?」
(キャリアガイダンス.net 2014.3.19)
2021年度からの「発展レベル」テスト まだ姿は見えず‐渡辺敦司‐(ベネッセ教育情報サイト 2014.7.9)
「発展レベル」テスト、勉強の姿勢も変える必要‐渡辺敦司‐(同 2014.7.11)
大学入試改革は高校・大学の「教育」を変えるため‐渡辺敦司‐(同 2014.11.14)
教えて!「いつからどんな? 二つの新たな学力テスト」(キャリアガイダンス.net 2014.11.19)
 
大学入試が「公平」でなくなる!?-渡辺敦司-
(ベネッセ教育情報サイト 2014.11.21)
なぜ国は入試改革を急ぐのか‐渡辺敦司‐
(同 2014.12.5)
「新テスト」検討上の課題指摘 大学入試センターが「専門的見地」からシンポ(内外教育2014.12.9)
大学教育の改革、入試改革より早く進む?-渡辺敦司-
(ベネッセ教育情報サイト 2014.12.26)
中教審で何が論議され、何が論議されなかったのか(月刊高校教育 2015.2月号掲載予定)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 〔戦後100年へ②〕指導要領の「構造改革」に英知結集を | トップページ | 川崎中1殺害 まず検証すべきは安倍政権だ »

社説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/60919989

この記事へのトラックバック一覧です: 〔戦後100年へ③〕高大接続改革 「入試」から決別する時だ:

« 〔戦後100年へ②〕指導要領の「構造改革」に英知結集を | トップページ | 川崎中1殺害 まず検証すべきは安倍政権だ »