« 高等教育戦略なき安倍政権に「給付奨学金」ができるか | トップページ | 馳「ゆとり決別宣言」は間違いだ »

2016年4月 7日 (木)

【池上鐘音】「1日850円」の思い出

▼家賃を除いた1日当たりの生活費は850円――そんな東京私大教連の新入生調査結果を見て突然、27年前の光景がありありと蘇った。当時住んでいた鎌倉の駅前にあった中国料理屋の、酢豚定食のことである▼大学に入学した1984年、国立大学の授業料は年間21万6000円から25万2000円に引き上げられた。学費は親持ちで仕送りも貰っていたが、舎費100円・負担区分など含めても月2000円ほどという常識外れな学生寮に住みながら月末には必ず金欠に陥っていた▼そんな中で1食850円は、高嶺の花だった。650円もあれば、腹が苦しくなるほどの超大盛りを食べさせてくれるカレー屋に行った。もっとも食後には必ずといっていいほど喫茶店に通っていたが、それができたのも世がバブル景気に沸いていたためである▼先輩に紹介してもらった2食仮眠付き夜勤バイトのお陰で、2年間の留年資金さえ貯めることができた。850円の酢豚定食が気兼ねなく食べられるようになったのは、6年生になってからだった。それも恵まれたバブル時代の話である▼現在、国立大学の授業料(標準額)は53万5800円。10年以上据え置かれているとはいえ、かつての倍だ。日本学生支援機構の奨学金で賄うことはできるが、卒業時に240万円余りの「借金」を負うことになる。しかし、私学はそれ以上だ▼首都圏私立大学の教員養成系は、授業料等で年100万円ほど掛かる。同機構の奨学金だけでは足りない。それでも無利子でさえ、自宅外の場合4年間の貸与総額は300万円以上になる。今は年収300万円を超えるまで返還が猶予される所得連動型も選べるし、2017年度からはより柔軟な新制度に移行するが、「借りたものは返す」の原則に変わりはない。昔は教員になれば、返還は免除された▼1食850円どころか外食にも手を出せず、生活費はもとより学費まで自前で稼がなければならない今の学生には本当に申し訳ない思いがする。進学率など時代が違うとはいえ、高等教育にカネをかけない政府を許してきたのは、学生時代さんざん恩恵を受けてきた大人世代である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 高等教育戦略なき安倍政権に「給付奨学金」ができるか | トップページ | 馳「ゆとり決別宣言」は間違いだ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/63452459

この記事へのトラックバック一覧です: 【池上鐘音】「1日850円」の思い出:

« 高等教育戦略なき安倍政権に「給付奨学金」ができるか | トップページ | 馳「ゆとり決別宣言」は間違いだ »