« 教師の働き方 「改革」には遠い | トップページ | 【社告】本社社員出演情報 »

2017年12月31日 (日)

【池上鐘音】失望続きの2017年

▼2017年は文部科学省の天下り問題をめぐり前川喜平事務次官の引責辞任で明けた。その後、加計学園問題の渦中に巻き込まれようとは当人も予期していなかったろうが、安倍1強体制の下で行政に忖度(そんたく)がまん延していることが白日の下にさらされた。面従腹背の愛すべき放言官僚が去っただけにとどまらず、後で振り返れば文教行政の変節点にならないかと心配だ▼その前川氏も大きく関わった新学習指導要領の義務教育諸学校分が告示され、解説書も発行された。前年末の中央教育審議会答申に沿ったものとはいえ、「ゆとり教育批判」の再燃を恐れるあまり学習内容の見直しを行わないまま「資質・能力の三つの柱」の枠を無理やり各教科等に当てはめ、かつ小学校英語の教科化をはじめ実質的に「量」も増やしたのでは、肝心の「質」が心配になる▼教育課程改革と車の両輪と位置付けられた高大接続改革も、目玉の大学入学者選抜の実施方針等が公表された。議論の迷走で肝心のテスト開発が遅れ、かつ理論的根拠の薄弱なことが露呈してきている。個別大学選抜でのコンピテンシー(資質・能力)評価も、どうなるか。何より「公平な入試」論の復活で「公正な選抜」理念が忘れられ、主体性・多様性・協働性のうち「多様性」がいまだに顧みられないのが残念だ▼両輪改革で、間違いなく教育現場の多忙化に拍車が掛かろう。中教審答申で議論が始まった「学校の働き方改革」は矢継ぎ早に緊急提言、中間まとめを出したが、まずは現場に努力を強いるものと言わざるを得ない▼その裏付けとなるべき来年度予算も官僚的には「改善」を勝ち取ったとしても現場にとっては「改革」に及ばないことは、先の社説で指摘した。「胡麻(ごま)の油と教員は絞れば絞るほど出るもの」だとでも思っているわけではないだろうが、結果的にそうなっている▼改革論議を聞いていて、何かと出てくるのが「教員志望の学生」だ。教員の質向上策としての教職課程改革のみならず、多忙化解消策のためのボランティア要員としてまで期待がかけられる。既にアルバイトの余裕すらなくなっているというのに▼そんな隙をついて忖度で文教行政を浸食しつつあるのが、北朝鮮のミサイル危機に乗じた「国民保護」対応だ。教職課程コアカリキュラムを皮切りに、第3期教育振興基本計画にも盛り込まれようとしている。憲法改正論議と相まって、本当に戦争の足音が学校に迫ってくるのではないかと心配になる▼年末が近づくにつれて失望感が増してくる中、来年こそはよい年にと思いたい。だだし現段階で、そんな展望を描ける状況にはない。教育こそが唯一の希望だと信じたいが、それを育む教員たちを案じるばかりだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 教師の働き方 「改革」には遠い | トップページ | 【社告】本社社員出演情報 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506419/66218054

この記事へのトラックバック一覧です: 【池上鐘音】失望続きの2017年:

« 教師の働き方 「改革」には遠い | トップページ | 【社告】本社社員出演情報 »