« 初中教育諮問〈1〉 “つまみ食い”にはするな | トップページ | 【池上鐘音】新元号の呪縛 »

2019年4月28日 (日)

【池上鐘音】アートの共犯者

▼連休初日の27日、東京・上野では『クリムト展』や『国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅』展でさえ待ち時間なしで入れたのに、西新宿では16時半の段階で100人以上がたった1枚の絵を見るために20分待ちの行列を作っていた。都が第一本庁舎2階で開催した『バンクシー作品らしきネズミの絵』だ▼同絵をめぐっては都が本物かどうかバンクシーに連絡を取ったものの、反応がないという。それでも公開に踏み切った都の判断には賛否両論あるようだが、真贋(がん)は関係ないと本社は考える▼所有者や管理者に断りもなくストリートにスプレーやマーカーなどを使って表現されるグラフィティは多くの場合、犯罪行為だ。一種の暴力とさえ言える。しかしその犯罪的・暴力的行為が、時に市民や所有者にさえ歓迎される。そんなアートの力を如実に示したのがバンクシーだ▼バンクシーと言えば昨年10月のオークションでシュレッダーを内蔵した『愛はごみ箱の中に』で大いに話題となったが、イスラエル西岸地区の分離壁に描いたシリーズでも知られる。小さな暴力が大きな暴力を告発する、アートの真骨頂と言えるだろう▼芸術は鑑賞されてはじめて成立する。とりわけ現代アートには、鑑賞者の積極的な関与を促す作品も多い。そうであるなら違法作品を保存した段階で都はアートの共犯者となったのだし、公開した段階でアートの主宰者に昇格したと言えるのではないか▼もちろん行列に並び、あまつさえSNSに写真をアップして嬉々としている人々も共犯者だ。文章で表現している本社も例外ではない。「本物だったらいいね」などとほざいている日本人は、チコちゃんに叱られるよりバンクシーに冷笑されるかもしれない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 初中教育諮問〈1〉 “つまみ食い”にはするな | トップページ | 【池上鐘音】新元号の呪縛 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初中教育諮問〈1〉 “つまみ食い”にはするな | トップページ | 【池上鐘音】新元号の呪縛 »