« 【内側追抜】消費増税 | トップページ | 終戦記念日に 「自由」の危機まん延を憂う »

2019年7月17日 (水)

【池上鐘音】アベノストーリー

▼安倍首相が参院選の応援演説で何度も「民主党の枝野さん」と言い間違えている。意図的な支持者向けのネタなのだろうが、それは単なる皮肉や「一種の選挙妨害」(枝野幸男・立憲民主党代表)にとどまるものではないように思える▼首相の放言といえば「悪夢の民主党政権」もある。おそらく、それと同根なのだろう。本来なら第1次政権の政策を続けていれば「美しい日本」は再生できたはずなのに、自ら政権を投げ出してしまった。今こそ時間を取り戻さなければならない、と▼だから成果を誇る数値の比較も、民主党政権の前後でしかない。今やデフレから脱却して好循環が始まっている。ゆくゆくは末端まで「アベノミクスの暖かい風」が届くだろう。後は改憲だけだ――▼首相周辺は、同じストーリーを共有できるお友達や官邸官僚ばかりで固められている。そうした人たちによって都合の良いデータが集められ、ストーリーが補強される。出来上がったストーリーを、首相自身が本気で信じているのかもしれない▼小子自身「アベデュケーション」という言葉すら忘れていたが、教育政策に関していえば第2次政権後のスタートダッシュで「教育再生」のストーリーも既に完成しているのだろう。道徳教育は正常化された。ダメ教委の制度も改められた。学力も世界トップレベルに戻った。後は「真に必要な子どもたち」に高等教育の無償化をすれば終わりだ、という筋書きだ。それ以外のストーリーを描いたり修正したりするスタッフは周辺にいないから、耳にも入ってこない▼実は第1次政権の時から、首相は反日教組・反戦後民主主義教育以外の教育施策に関心がないのではないかといぶかっていた。例えば教員免許更新制の導入趣旨が換骨奪胎されても、当時の首相はおそらく文部科学省が起草した通りに原稿を読んでいた。一度ストーリーが完成したら後はそれを繰り返し朗読して聞かせればよく、対話の必要などもない▼首相が参院選の焦点として「政治の安定」を強調するのも、完成されたストーリーのゆえだろう。しかし、そのストーリーは本当にリアリティーがあるのか。読者である国民のリテラシーが問われる。少なくとも教育政策に関しては破綻しているということは、過去の社説で示してきたところだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 【内側追抜】消費増税 | トップページ | 終戦記念日に 「自由」の危機まん延を憂う »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【内側追抜】消費増税 | トップページ | 終戦記念日に 「自由」の危機まん延を憂う »