« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月18日 (土)

大学入試検討会議 看過できない文科相発言

  最後の大学入試センター試験を直前に控えた15日、「大学入試のあり方に関する検討会議」が初会合を開催した。「大学入試のあり方」に対しては、改めて論じたい。ここでは、あまり報道されないだろうし議事録の公開も遅れるだろうが看過できない発言があったので、長文になるが起こしておく。開始から約1時間過ぎ、公務のため退席する際に行った萩生田光一文科相の発言である。

 みなさん本当に忙しい中ありがとうございます。これからまだ議論が続けていただけるかと思います。率直な、さまざまなご意見をいただきたいというふうに思います。私もこの二つの制度を立ち止まるに当たっては、一部報道なんかでは何か「政権の支持率を憂して」みたいなことを言われましたけど、そんなふうじゃなくて、本当に局の皆さんとも夜な夜な本当に真剣な議論をし、また多くの皆さんの声を聴いて、最終決断をしました。今まで積み上げてきていただいた多くの皆さんのご苦労があるわけですし、これは少なからず国民の皆さんの税金を使わせてもらってさまざまな制度設計してるわけですから、やめるということも大きな責任があるという、そういう判断の下で最終決断をしました。従って、やり直しをするに当たってですね、洋服の上から書くような議論をしたんではならないんだと思ってます。ぜひ、きょう選ばれた委員の先生方は、過去の議論に参加をしていただいた先生方もいらっしゃいます。それから、外からさまざまな問題提起をしていただいた先生方もいらっしゃいます。また、今回のこの問題が発生して、さまざまなアドバイスいただいた先生方もいらっしゃいます。それぞれ実はもうお立場がある皆さんですから、会議原則公開は私、大いに結構なんですけれど、しかし検証の事になりますとね、あの時に私が気付いたことは、実は野党の皆さんが国会で指摘をしました。野党の皆さんが指摘をしたことは、後ほど議事録を見ると、専門家の先生たちも問題提起をしていたり、外からのさまざまな提言もあったりするわけですよ。なのに、なぜここまで来てしまったのかっていうのは私は当時、不思議でならなかったんです。この平場でですね、メディアの皆さんの前で、例えば文科省の批判をするとかですね、他の委員の皆さんの発言に対して意見具申するっていうのは結構大変なことだと思うんで、決して目を隠すつもりはありませんけれども、どこかでは1回ちょっと雰囲気の悪い会議をやってもらったらいいんじゃないかと。一度はクローズでぜひ、そんなこともやっていただいて、後ほど議事録を出していただくということを1回やっていただいたらいかがかな、と思ってます。これ以上後退するわけにはいきませんので、「あの時、足を止めて皆さんで話し合って本当にいい制度になった。子どもたちも前向きに大学受験を目指すことができるようになった」と思ってもらえるような制度を作るために、ぜひ先生方の力をお借りしたいと思いますので、ぜひ闊達なご議論を賜りますよう、お願いをしたいと思います。併せて、文科省側もいろいろ思いはあるんでしょうけど、ここはもうすべてオープンにして、皆さんにさらしてですね、話をしていただきたいなと思うんです。例えばね、さっきセンター試験の説明の中で「私立大学や短大が、約700校がセンター試験を利用してます」って、こういう報告がありました。普通の人はそう思うわけですよ。だけど、これは入試の要するに700校っていうけれど、700校のうちのA大学の1学部の1学科のほんの一部が使ったって1校ってカウントしているわけですよね。ですから結果として、いわゆる選抜区分で割り戻したら何のことはない、3割の大学しか最初から使う予定がありませんでしたって。そして、あれだけですね、「4技能が大切だ。記述式も大切だ」って、大学や大学関係者、会う人すべてが私に言ってくれました。だけど文科省が共通テストでやめたからといって自力でやるっていう学校は、これしかないわけじゃないですか。本当に大事だと思ったら、なぜやらないのか私は不思議でしょうがない、わけですぅ。ですから、そういうことも含めて、数字は変なマジックは要りませんから、もう裸の数字を出していただいて、先生方にさまざまな議論をしていただく準備をしてもらいたいなと思います。「共通テストは700校の私立が使ってます」って言ったらそう思うけれど、そんなことはないわけですよ。700校の、ごく一部の学部の人たちが利用してるだけであって、圧倒的、国公立の大学の受験システムであることは、今の段階では否めないわけです。じゃあここに本当に私立の皆さんの思いっていうものを付加していくことが可能なのかどうなのかっていうことは、これから含めて考えていかなくちゃならないんで、数字はね、格好付けなくていいですから正しく示していただいて。また先生方にも繰り返しになりますけれども、どうぞ忌憚のないご意見をいただいて、ご批判も真摯に受けたいと思いますので、これから約1年間、長い時間になりますけれども、よろしくお願い申し上げて、今日は中座をお許しいただきたいと思います。以上です。

  もちろん約1時間の説明や議論を受けての発言なので、文脈が分からないと理解できない部分はあるだろう。しかし、ずっと傍聴していても、また改めて文字に起こしていても、何を言っているのか理解に苦しむ。「クローズ」については17日の定例会見でもクラブ記者に追及されていたので、ここでは論じない。

 推測すれば、過去の経緯については文科省や検討に参加した委員が悪かった、ということなのだろう。 それにしても政権の中枢を担ってきた者として、さらには文教族であり文科省通を自負しているらしい者として当事者意識の無さには、あきれ返るばかりだ。

 おそらく大臣は、本気でそう思っているのかもしれない。だとすれば、そのような認識で二つの見送りを判断したことになる。どこが「真剣な議論」の上での「最終決断」か。「『あの時、足を止めて皆さんで話し合って本当にいい制度になった。子どもたちも前向きに大学受験を目指すことができるようになった』と思ってもらえるような制度を作る」などと、どの口が言うのだろう。

 大臣の意向すら判然としない中では、これからの会議がどう進んでいくのか現段階ではさっぱり見通せない。個別試験との「役割分担」が落としどころになるのだろうが、 新課程入試の2年前予告に間に合わせるため1年間と検討期間を区切ったのも期待できない一因である。

 もちろん萩生田氏が検討会議の最後まで大臣を務め上げる保証もないから、途中で潮目が変わる可能性もなくはない。しかし、どちらにしても現段階では疑念や不安ばかりが募る検討会議の今後である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

 

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

【内側追抜】某省年頭訓示(その2了)

某大臣「政治は方向を決めるのが仕事だが、 これは無理だということがあれば声を出していただければ違う展開もあった。時にはプロ意識を持って、反論する勇気もしっかり持っていただきたい」

   (終了後)

某官僚「では大臣、さっそくですが。先ほどの案件はいかにも無理筋ではないかと…」

某大臣「あぁん? あれは総理のご意向だって言わなかったか!?」

| | コメント (0)

【内側追抜】某省年頭訓示(その1)

「表現の自由は守らなければならないが、国が支援する条件、基準は国民が分かりやすいものに見直したい。私は愛国心条項を入れたらどうかと言ってるんですがね」

   ――某大臣

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

【池上鐘音】アベノファミリーヒストリー

▼新年早々、積年の疑問が氷解した気がした。「2020」という、マジックナンバーのような数字のことである▼言うまでもなく今年は東京五輪・パラリンピック開催年だが、招致決定当時の下村博文・文部科学相はこの年を「ターゲットイヤー」と位置付けた。小学校の英語を教科化するために学習指導要領の改訂時期を合わせたまでは分からないでもなかったが、大学入学者選抜改革の新テスト開始年度としても設定したのには驚いた。「21年度」入試から使うものなのにもかかわらず▼6日の年頭記者会見で安倍晋三首相は今年の干支を庚子(かのえね)だとした上で、60年前の庚子には日米安全保障条約が改定されたと振り返った。60年アンポと言えば、「昭和の妖怪」岸信介だ。考えてみれば1964年の東京五輪招致を決めたのも、当時の岸首相であった▼安倍首相は父の晋太郎氏より、母方の祖父である岸氏に影響を受けたと言われている。そうであれば、祖父の悲願だった憲法改正のターゲットイヤーとしたのも合点がいく▼紀元2680年でも明治152年でもおかしいな…と思っていたら、何のことはないNHKの『ファミリーヒストリー』に出てくるような安倍一族の物語だったのか。もちろん推測にすぎないのだが、本当にそうだとしたらチープな筋立てだ▼五輪はともかく、入試改革は受験生を振り回す結果にさえなった。さて新指導要領の全面実施は、どうなるだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »