« 【蝦夷鐘音】変化の吉凶 | トップページ | 【内側追抜】某省年頭訓示(その1) »

2020年1月 7日 (火)

【池上鐘音】アベノファミリーヒストリー

▼新年早々、積年の疑問が氷解した気がした。「2020」という、マジックナンバーのような数字のことである▼言うまでもなく今年は東京五輪・パラリンピック開催年だが、招致決定当時の下村博文・文部科学相はこの年を「ターゲットイヤー」と位置付けた。小学校の英語を教科化するために学習指導要領の改訂時期を合わせたまでは分からないでもなかったが、大学入学者選抜改革の新テスト開始年度としても設定したのには驚いた。「21年度」入試から使うものなのにもかかわらず▼6日の年頭記者会見で安倍晋三首相は今年の干支を庚子(かのえね)だとした上で、60年前の庚子には日米安全保障条約が改定されたと振り返った。60年アンポと言えば、「昭和の妖怪」岸信介だ。考えてみれば1964年の東京五輪招致を決めたのも、当時の岸首相であった▼安倍首相は父の晋太郎氏より、母方の祖父である岸氏に影響を受けたと言われている。そうであれば、祖父の悲願だった憲法改正のターゲットイヤーとしたのも合点がいく▼紀元2680年でも明治152年でもおかしいな…と思っていたら、何のことはないNHKの『ファミリーヒストリー』に出てくるような安倍一族の物語だったのか。もちろん推測にすぎないのだが、本当にそうだとしたらチープな筋立てだ▼五輪はともかく、入試改革は受験生を振り回す結果にさえなった。さて新指導要領の全面実施は、どうなるだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 【蝦夷鐘音】変化の吉凶 | トップページ | 【内側追抜】某省年頭訓示(その1) »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【蝦夷鐘音】変化の吉凶 | トップページ | 【内側追抜】某省年頭訓示(その1) »