« 【内側追抜】混迷の某党総裁選 | トップページ | 教師の人材確保策 これも期待薄の論議だ »

2021年9月 9日 (木)

【池上鐘音】テレビからの腐敗臭

▼8日の16時前は、ちょうど買ってきた前川喜平・元文部科学事務次官の新著『権力は腐敗する』(毎日新聞出版)を読み始めたところだった。だから定時のNHKニュースで高市早苗氏の出馬宣言が流れても「ああ、予定通りね」と気にも留めなかった▼しかし3分を過ぎても、会見の模様が終わらない。よくよく画面を見れば「中継」とある。さすがに10分が経過したところで、スタジオに切り替わったが▼いくら政権与党の総裁選とはいえ、番組の予定を変更してまで生中継すべきものなのだろうか。既に活発な運動をしている岸田文雄氏の時はどうだったか確認していないが、少なくとも河野太郎氏の時も同様の扱いをしなければ中立性は保てまい▼生中継では、ご丁寧にも「サナエノミクス」をテロップで流していた。どうやら安倍晋三・前首相の支持は相当なものならしい。というより本格的な安倍氏の後継候補なのだろう▼前川氏といえば退官後の2018年、名古屋市立中学校で行った講演内容を古巣の文部科学省が調査したという一件があった。大臣政務官も経験した自民党文教部会長(当時)や、部会長代理(同)の照会がきっかけだったという。照会相手の同省幹部が官邸に引き上げられた「何でも官邸団」(同書)だったのも、うなずける▼自民党文教族といえば、かつては私学団体を支持母体とするのが定番だった。しかし小選挙区になって以降、別種の議員が幅を利かしてきたような印象がある▼高市氏は会見で、首相になっても靖国神社参拝を続ける意向を表明した。個人の強い信条もあろうが、支持団体向けのアピールという側面も強かったとみられる▼下村博文・元文科相も含め、まだ総裁候補のラインアップは固まっていない。しかし、その後の総選挙も含めて文教行政をねじ曲げるような方向にならないことを願うばかりだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 【内側追抜】混迷の某党総裁選 | トップページ | 教師の人材確保策 これも期待薄の論議だ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【内側追抜】混迷の某党総裁選 | トップページ | 教師の人材確保策 これも期待薄の論議だ »