« 【池上鐘音】蝶々の因縁 | トップページ | 【内側追抜】改造人事構想 »

2022年7月27日 (水)

宗教団体支援者を文科相に就けない慣例を

 安倍晋三元首相の銃撃死事件を契機に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党議員との近しい関係が取り沙汰されている。一部報道では、統一協会の名称変更に下村博文・元文部科学相が関与した疑惑も持ち上がった。

 旧統一教会をめぐっては末松信介文科相が22日の会見で、パーティー券を購入してもらったことはあるものの関係団体を含め「特別なお付き合いはない」と答えている。

 何と言っても文部科学省は、教育行政のみならず宗務行政を所管している中央省庁である。自公政権の下では公明党から大臣を出さない慣例が定着しているが、これを宗教団体に支持されている者一般にまで拡張すべきだ。

 旧統一教会は論外としても、神道政治連盟(神政連)国会議員懇談会に名を連ねる議員は多い。先ごろ、同懇談会の会合に「同性愛は依存症」などとする冊子が配布されていたことも発覚した。学校現場でいわゆるLGBTQを含めた多様性・包摂性に配慮が求められている時に、百害あって一利ない。

 問題は自民党党文教族を中心に、そうした宗教団体の支持が拡大していることだ。

 かつて文教族といえば、与党自民党は私学団体、野党社会党・共産党は教職員組合を支持母体とするのが定番だった。与野党の枠を超えて私学助成増額と教職員定数改善には一致して努力する、というのが55年体制下での文教族の姿だった。

 しかし特に小選挙区制になって以降、支持基盤の弱い候補者・議員が宗教団体の力に頼る傾向が強まっているようだ。有力派閥の長が旧統一教会の票を案配していたとの報道もある。

 宗務行政に関しては説明するまでもないが、教育行政に関しても影響力が行使されては問題だ。改正教育基本法で家庭教育条項が盛り込まれたのも、単なる振興策の奨励だけでなく家庭の在り方に関する「伝統的価値」と称した押し付けを許しかねない恐れがある。事は社会保障も含めた問題だろうが、文教行政に特化する本社は言及しない。

 もちろん神政連の支持を受けながらSOGI(性的指向・性自認)の問題に取り組んだ馳浩・元文科相(現石川県知事)のような例もあるから、結局は議員個人の資質の問題と言えるかもしれない。しかし木っ端議員ほど声だけは大きいのが常だから、文科官僚の国会対策も含めて支障をきたしかねない。

 そもそも文科相は、文部科学行政に詳しくなくても大臣適齢期の初任ポストとして扱われてきたのが実態だ。大半は官僚の振り付けに従ってくれるからいいのだが、端々でイデオロギーをちらつかせられては文教行政をゆがめかねない。いや、その影響がじわじわと広がっているとみるべきだろう。これを機会に、少なくとも在任中は関係を断ち切るなど副大臣・政務官も含めて慣例を見直すべきではないか。

 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

|

« 【池上鐘音】蝶々の因縁 | トップページ | 【内側追抜】改造人事構想 »

社説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【池上鐘音】蝶々の因縁 | トップページ | 【内側追抜】改造人事構想 »