« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月29日 (土)

文科省の新体制 学校教育の一体改革に準備を急げ

 永岡桂子文部科学相は28日の閣議後会見で、文部科学省の幹部人事(8月8日付)を発表した。他省庁より1か月遅れの人事となった理由について明らかにしなかったが、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の解散請求問題が影響したとみられる。

 藤原章夫・ 初等中等教育局長が事務次官に昇任するのをはじめ、旧文部系の省審議官や総合教育政策局長も交代。とりわけ初等中等教育関係での大幅な異動となる。

 新しい布陣に期待したいのは、停滞した学校教育の一体改革に向けて準備を急ぐことだ。

 現在は中央教育審議会を中心に、指導内容・指導方法の改善とそれを支える教職員集団の養成・採用・研修の充実方策を両輪とした「個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実」の論議が行われている。さらにデジタル学習基盤の在り方や教員勤務・処遇改善も加え、次期教育課程の在り方にもつなげていく――そんな方向性を、伯井美徳・文科審議官(同日付で辞職)が明らかにしていた(日本数学検定協会・学習数学研究所サイト『SAME』「キーパーソンに聞く教育改革」2023.06.08)。

 これは外ならぬ、総合科学技術・イノベーション会議(CSTI、議長・岸田文雄首相)の提起に沿うものだ。2022年12月のCSTI教育・人材育成ワーキンググループ(WG)中間まとめに応答する格好で翌23年1月の中教審初等中等教育分科会に「個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実に向けた学校教育の在り方に関する特別部会」設置を要請したのも、当時の伯井初中局長だった。内閣府出向中にCSTIのWGを仕掛けたのは、2度の学習指導要領改訂に携わり財務課長も経験した合田哲雄・現文化庁次長だ(拙著『学習指導要領「次期改訂」をどうする ―検証 教育課程改革―』参照)。

 現状では、必ずしも各会議体が連動した議論を行っているとは評し難い。これは、関係各課に「変える余地を残しておきたい」(中教審関係者)という意向が働いているためとみられる。

 伯井審議官が示唆した通り24年秋にも学習指導要領の改訂を中教審に諮問するとなれば、あと1年余りしかない。児童生徒の多様性とGIGA端末の活用を前提とした学校教育制度の構築はもとより、カリキュラム・オーバーロード(教育課程の過積載)にも対応した「学習内容の重点化」(特別部会「義務教育の在り方WG」論点整理)を図るためには今から水面下で準備を進めることも不可欠だ。

 しかし現段階では、そんな気配はみられない。直前まで詰めを先延ばしするのでは、結局は個別改革の継ぎはぎになって中途半端にとどまる恐れすらある。

 少なくとも24年3月に文科省「今後の教育課程、学習指導及び学習評価等の在り方に関する有識者検討会」が論点整理をまとめるまでに、一体改革に対する一定のめどをつけておく必要があろう。残された時間は、そう多くない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

| | コメント (0)

2023年7月 3日 (月)

【池上鐘音】再論・印度の日本人

▼竜樹(150~250ごろ)といえば、初期大乗仏教の祖である。密教では竜猛(りゅうみょう)と呼ばれ金剛薩埵(さった)から直接、付法を受けたとされる。さすがにフィクションだと思っていたのだが、歴史的事実だったのかもしれない▼インド仏教界の最高指導者にして元日本人の佐々井秀嶺師(87)のことは、ずっと前に取り上げた。当時は二度と戻ることはないと思われたが、東日本大震災の後は折に触れて「来日」している▼4年ぶりの今回は最終講演が2日に築地本願寺で行われ、550人が集まった。14年前に比べれば痩せて声も聞きづらくなっていたが、滞在中ますます元気が出たという迫力は相変わらずだった▼ヒンズーからのブッダガヤ大菩提寺奪還闘争とともに注力しているのが、マンセル遺跡の発掘だ。密教付法の地である南天鉄塔と目される遺構も明らかになってきたという▼佐々井師は1967年にタイ経由で入ったラージギル(王舎城)で「なんじ速やかに南天竜宮城へ行け。 南天鉄塔もまたそこにあり」という竜樹の夢告を受け、ナグプールで没後10年が過ぎたB・R・アンベードカル博士(元法相)の仏教復興運動を継承した。きっと昔の竜樹も金剛薩埵の夢告を得てバラモン教を仏教的に解釈・整理した密教を大成し、後に夜叉(やしゃ)が作った言われるほどの大寺院・南天鉄塔の興隆を招いたに違いない――▼2009年と同様、今回も「生きた」仏教、今まさに創造されようとしている仏教の姿を見た。それが同じく女性問題で悩んだ親鸞をまつる浄土真宗寺院だったことに感慨を覚えるとともに、「(八宗や鎌倉新仏教の)宗祖みな我が祖師」と語る師の姿に倣って宗門にこだわる必要もないかもしれないと思った。「超大乗」こそがアンベードカル=佐々井師の教えだ▼「勉強(学問)せよ、団結せよ、闘争せよ」とは、長い歴史と人口ボーナスの中で虐げられたダリット(不可触民)に接する中から出た大慈悲の叫びであろう。さて、今の日本でどう解釈するか。タイムカプセルから出てきたような昭和の頑固親父が男一匹、命を懸けて問い掛けている。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます









| | コメント (0)

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »