コラム

2017年12月31日 (日)

【池上鐘音】失望続きの2017年

▼2017年は文部科学省の天下り問題をめぐり前川喜平事務次官の引責辞任で明けた。その後、加計学園問題の渦中に巻き込まれようとは当人も予期していなかったろうが、安倍1強体制の下で行政に忖度(そんたく)がまん延していることが白日の下にさらされた。面従腹背の愛すべき放言官僚が去っただけにとどまらず、後で振り返れば文教行政の変節点にならないかと心配だ▼その前川氏も大きく関わった新学習指導要領の義務教育諸学校分が告示され、解説書も発行された。前年末の中央教育審議会答申に沿ったものとはいえ、「ゆとり教育批判」の再燃を恐れるあまり学習内容の見直しを行わないまま「資質・能力の三つの柱」の枠を無理やり各教科等に当てはめ、かつ小学校英語の教科化をはじめ実質的に「量」も増やしたのでは、肝心の「質」が心配になる▼教育課程改革と車の両輪と位置付けられた高大接続改革も、目玉の大学入学者選抜の実施方針等が公表された。議論の迷走で肝心のテスト開発が遅れ、かつ理論的根拠の薄弱なことが露呈してきている。個別大学選抜でのコンピテンシー(資質・能力)評価も、どうなるか。何より「公平な入試」論の復活で「公正な選抜」理念が忘れられ、主体性・多様性・協働性のうち「多様性」がいまだに顧みられないのが残念だ▼両輪改革で、間違いなく教育現場の多忙化に拍車が掛かろう。中教審答申で議論が始まった「学校の働き方改革」は矢継ぎ早に緊急提言、中間まとめを出したが、まずは現場に努力を強いるものと言わざるを得ない▼その裏付けとなるべき来年度予算も官僚的には「改善」を勝ち取ったとしても現場にとっては「改革」に及ばないことは、先の社説で指摘した。「胡麻(ごま)の油と教員は絞れば絞るほど出るもの」だとでも思っているわけではないだろうが、結果的にそうなっている▼改革論議を聞いていて、何かと出てくるのが「教員志望の学生」だ。教員の質向上策としての教職課程改革のみならず、多忙化解消策のためのボランティア要員としてまで期待がかけられる。既にアルバイトの余裕すらなくなっているというのに▼そんな隙をついて忖度で文教行政を浸食しつつあるのが、北朝鮮のミサイル危機に乗じた「国民保護」対応だ。教職課程コアカリキュラムを皮切りに、第3期教育振興基本計画にも盛り込まれようとしている。憲法改正論議と相まって、本当に戦争の足音が学校に迫ってくるのではないかと心配になる▼年末が近づくにつれて失望感が増してくる中、来年こそはよい年にと思いたい。だだし現段階で、そんな展望を描ける状況にはない。教育こそが唯一の希望だと信じたいが、それを育む教員たちを案じるばかりだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

【内側追抜】某勉強会で

わたくしは最近、反省ノートをつけ始めました。これで改めて首相の座を目指したいと思います。

      ――某元防衛相

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

【池上鐘音】「忖度」の本質

▼今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」(自由国民社)年間大賞に、「インスタ映え」と並んで「忖度(そんたく)」が入った。当然だろう。選に漏れていたら、それこそ政権に忖度したかと疑問を抱かざるを得ない▼発端は籠池泰典・森友学園理事長(当時)が日本外国特派員協会で記者会見した際の発言だったが、事は「瑞穂の國記念小學院」、あるいは加計学園による岡山理科大学獣医学部の設置認可にとどまらない。政府全体に、安倍首相の意向を忖度する雰囲気がまん延していることだ▼加計学園問題で「総理の意向」文書を「なかったことにはできない」と証言した前川喜平・前文部科学事務次官は官邸ゴリ押しのもう一つの例として「明治日本の産業革命遺産」を挙げていたが、それだけではないだろう。本社説でもたびたび取り上げた「ミサイル教育」も、その一端でしかない▼霞が関通の間には、官僚が内閣の意向を忖度するのは当然だといった受け止めもよく聞かれた。それも昔から仕事のうちではなかったか、と。しかし問題の本質は前川氏が言うように、それによって「行政がゆがめられた」かどうかである▼その前川氏でさえ、在職時には表立って官邸に盾突くことはできなかった。「なぜ現役の時にやらなかったのか」という批判は関係者の間にも根強いが、とりわけ下村博文氏が文部科学相だった時にそんなことが不可能だったことは誰しも分かっていよう▼寺脇研氏との対談『これからの日本、これからの教育』(ちくま新書)では加計学園の設置認可を進め、文科省を批判してきたのが「規制緩和」論者であることを指摘している。財務課長時代の義務教育費国庫負担問題以来、規制緩和派の官僚に文字通り体を張って対峙してきたのが前川氏だ▼たとえ首相の直接的な指示がなかったとしても、官僚がその意向を忖度して適正なスキームを作って「国家権力の私物化」(同書)を正当化してしまう。そのことの方が恐ろしいし、民主主義の危機ではないのか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

【内側追抜】男たちの悪巧みスピンオフ

――国会近くにある某ホテルのレストラン「HANAGAMI」(仮名)にて。

謎のゲスト「いやぁ、腹心の友には感謝するばかりだよ」

某首相「いやいや、野党もバカだよな。ぜんぶココでの酒飲み話なんだから、あたくしが指示したなんて証拠は出っこないんだよ。なぁ?」

他の一同「…」(お追従笑い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

【内側追抜】続・選挙の後

ガラスの天井を破ったかと思ったが、鉄の天井があるのを知った。せっかく鉄のカーテンで護憲派を排除したのに。

     ――某知事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

【内側追抜】選挙の後

秘書官「総理、会見の時間です」

某首相「改憲? エヘヘ、参っちゃうね~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

【内側追抜】8月の会話

「あなたは、どこの国の総理ですか」

「美しい国の、ですよ。少なくとも、こんな人たちが国民の国ではありません」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

【池上鐘音】首相の衣

▼横浜市長選で与党が推薦する現職の林文子氏が3選を果たした。しかし安倍首相が姿勢を改めたことが奏功したとは想像しづらい辛勝であった。更なる悪化を押しとどめたとは言えるかもしれなが▼変化をもたらしたのは、何といっても1日の東京都議選での自民党惨敗と、内閣支持率の急落だ。それがなければ安倍首相が閉会中審査に出席することも、「丁寧な説明」をすることもなかったろう▼4日に発表された11日付の文部科学省人事では、初等中等教育局長が官房長に、高等教育局長が生涯学習振興局長に異動した。慣例からいえば屈辱的だ。しかし噂では他省庁から局長をあてがう内示が都議選前にあったというから、同省にとって最悪の事態は逃れたというべきかもしれない▼安倍首相に席上からヤジを飛ばさせたのも、低姿勢に一変させたのも、選挙結果や支持率という民意の衣である。就任以来、アベノミクスによる景気回復への期待が続いてきたが、その幻想も幻滅に変わったということか▼政権交代後、とりわけ「お友達」の下村博文氏が文部科学相になって以来、不可解な動きが省内に感じられた。端々に出てきたのは学習指導要領の「解釈改訂」、教科書検定の見直しなどだが、「ミサイル教育」は果たして教職課程コアカリキュラムにとどまらず次期指導要領解説の総則に「国民保護」を明記させるに至った▼森友・加計両学園の問題によって、ようやく不可解さに「忖度」という名が付いた。前川喜平・前事務次官に対しては「なぜ在任中に言わなかったか」という批判があるが、当時とてもそのような雰囲気になかったことは端目に見ても分かる▼首相が裸だと明らかになった7月が終わる。内閣改造後の残暑は過ごしやすいのか、はたまた止まらない汗が衆目にさらされることになるのか。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 ↑ランキングに参加しています。奇特な方はクリックしていただけると、本社が喜びます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

【内側追抜】某省内部文書問題

大臣に徹底調査するよう指示したんですよ。あたくしと側近を忖度しようともしない文書を共有した者は、夏の人事で徹底的に干すようにと。

      ――某首相

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

【内側追抜】沖ノ島、世界遺産は条件付き

観光マインドが全くないイコモスも、がんだな。一掃しなきゃ駄目だ。

     ――某前某担当相

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

コラム | 本社より | 社説